痩せにくい体が常態化している

痩せにくい体になってしまった理由とは?

若い頃とは違う体でお伝えしたように20代の成長期を終えると女性ホルモン分泌の減少や代謝量の減少により痩せにくい体となってしまします。これはどうしても避けられないことでもあります。

では、痩せにくい体としている原因は何でしょうか。大きく分けて2つあります。

  • ダイエットが続かない
  • 間違ったダイエットを行っている

当たり前のように聞こえるかもしれませんが、当たり前のことがちゃんと出来ればダイエットなんて世の中で生まれなかったかもしれませんね。ただ、代謝が悪いといったことやホルモンの働き、といった年をとってから考えないといけないとこともありますが、それとは別にこれらの原因が考えられます。
今一度あなた自身の胸に手をあてて考えてみてください。

ダイエット、続けられていますか?少しの積み重ねでも続けることがダイエットの成功で大切なことになります。そして、間違ったダイエットを行っていませんか?ただ、食事を抜いてみたり、ただただ歩いてみたり、ダイエットに効くといわれるサプリメントを飲んでいるだけで効果が出ないと言ってみたりしていませんか?
食事を抜いたりすることはリバウンドなどの原因になるため辞めてもらいたいことですが、他のことは一見、ダイエットを行ううえで間違ってはいないことでもあります。ただし、ウォーキングだけして過食してしまったり、サプリメントだけ飲んで痩せることを信じていてはダメです。
こうしてダイエットしてみたが、痩せられないからやっぱりダイエットを辞めてしまうケースが多いです。

正しい知識がないと痩せられません

断片的にダイエットに対する情報を取り入れて、例えばサプリメントだけ飲み続けてみるといったことでは痩せられません。もちろん、サプリメントがダイエットに効果が無いというわけではありません。それだけ飲んでも効果は非常に薄いということが言えるからです。

正しい知識、本当に痩せるための知識をつけないとどんな方法であっても痩せることは難しいでしょう。何かのタイミングでやってはいけないことをやってしまうかもしれません。それがもとで痩せられない体となってしまうのです。
多くの人が上辺だけの知識、これは効くといった情報だけで日々ダイエットに取り組んでいます。若い頃はそんな方法でも結果が出ていました。
しかし、30歳を越えたあたりからホルモンや代謝の減少でそう簡単には痩せられなくなりました。痩せないから他の方法を試してみる、その繰り返しです。それがあなたの痩せられない体として常態化させています。

ポイント

正しい知識をつけてダイエットの効果を見極める

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。