ダイエットで大切な3つの基本要素

ダイエットの大前提

ここではダイエットを行う上での前提となる考え・取り組みを述べたいと思います。

3つの基本、食事(栄養)バランス・運動・正しい生活習慣が行えてないとダイエットの効果がしっかりと発揮できません。私の一番言いたい理論でもあります。それは私がダイエットして経験したことからの学びです。食事や運動、生活習慣を整えることがダイエットの第一歩でした。

自分は運動を毎日続けている、だけど痩せない、なぜだろう?という方は食事を抜いていたり、睡眠時間が極端に短かったりしていませんか?もちろん、年をとってむくみなどが邪魔をしている場合もあります。そのような方は若い頃とは違う30歳からのダイエット戦略を参考にしてみてください。若い頃とは違う戦略でダイエットしないと痩せない可能性があります。

では次に基本の3つが大切な理由をお伝えします。

食事(栄養)バランスが代謝を助ける

ダイエット中は何かと栄養不足になりがちです。カロリーの制限ばかり考えていてはダメです。もちろん、カロリーを控えめにするということは大事です。ただし、食事の内容も考えていかないといけません。 カロリーを抑えることばかり考えていて栄養が偏ってしまったり、食事を抜いてしまったりしては代謝が落ちてしまいます。

さらに体調も崩してしまうことも多くなるでしょう。なんだかぼーっとしたり、気分が乗らなかったり、集中力が途切れやすくなったりします。

栄養を考えることが大事です。

ただ、ダイエットに良さそうなビタミンや食物繊維だけとれば良いというわけではありません。炭水化物や脂肪もしっかりとってください。バランスが一番大切です。とり過ぎにだけ注意してください。体の調子が悪くなってはダイエットが継続出来ません。

オススメの栄養としては今までの食事の中で出来るだけたんぱく質とミネラル、ビタミンB群、食物繊維を摂ることです。

特にたんぱく質は筋肉を作るのに役立ちますし、ビタミンB群は脂肪の燃焼に役立ちます。そして、デトックスという意味でも食物繊維をしっかりとって体の循環を整えてください。

繰り返しになりますが、炭水化物や脂肪もとりましょう。極端に摂っていない栄養があると体が不調となります。ダイエットは続けることが大事です。ダイエットを続けるためにも栄養バランスに気をつけましょう。

朝・昼・晩 3度食事をとること

3度、ちゃんと食事をとっていますか?採っていないという方はリバウンドしやすい体になっているかもしれません。なぜかというと、 人は食事をすることによりエネルギーを蓄え、そして代謝するということが行われています。

食事の量が少ないと、特に代謝するという行為が少ないのできちんと3度食事をとっている人に比べて代謝が悪いとされています。逆に4度細切れに食事を取るという人も居ます。モデルさんに多いようですね。3度よりも4度のほうがダイエットには良いです。

ただ、カロリーの摂りすぎや栄養バランスが崩れた食事をしてはいけません。3度の食事、特に朝は確実にとるべきです。朝から代謝のロケットスタートをさせると1日の代謝も1日を通して高まります。1日快適に過ごす、仕事や勉強にきちんとした体調で取り組むという意味でも朝の食事は大事です。

無酸素運動により筋肉をつけ基礎代謝量をアップさせる

運動は本当に大事です。健康のため老化防止(アンチエイジング)のため、そしてダイエットのためにとても大切なことです。

特に大事になってくるのは筋肉をつけるということです。筋肉をつけることによって基礎代謝量がアップします。基礎代謝量がアップすれば、寝ていても消費するエネルギーが増加し、痩せる体を作ります。

もっといえば、一番良い運動のやり方としては、筋トレの無酸素運動により代謝アップを目指し、ウォーキングなどの有酸素運動により脂肪を燃焼させるということです。毎日ウォーキングなどするのも大変なので、基本は寝ていてもエネルギーを消費するといわれる基礎代謝量アップを目指しましょう。

そのために、筋肉をつけることが必要となってきます。特に年齢を重ねた方は筋肉の衰えが顕著に現れてきますので、出来るだけ筋力トレーニングなどを行うことをオススメします。

もちろん、体を壊さない程度にゆっくり着実に少しずつ行いましょう。

ダイエットを行って失敗する例としては筋肉の低下があげられます。リバウンドもそのひとつです。体重が減っていても筋肉量が減っていることが多いのです。また、運動は別の点においても有効です。

汗をかくことによる体の老廃物を出して健康的な体を維持します。デトックスという意味でも汗をかいてからだの水分を循環させてあげましょう。

生活習慣・生活リズムを改善させて自律神経を目覚めさせよう

あなたは何時に寝て、何時に目覚めているでしょうか?毎日同じ時間に寝られていますか?毎日同じ時間だけ寝られていますか?これらの質問に対して、ちょっと首をかしげてしまったら出来るだけリズムを固定化するようにしてください。理由はあなたの最大で発揮できる代謝量すべて代謝しきれていないからです。

朝起きる時間がバラバラだと、代謝が安定しないのです。もっと言えば、食べても太らない時間があるのにそれを生かしきれていないのです。

また、リズムが整っていないと朝の目覚めが悪かったりで朝から代謝のロケットスタートが出来るのに代謝がスロースタートになってしまうのです。1日のリズムを整えて1日最大限エネルギーを消費するということを目指してください。なお、食べても太らない時間は目覚めて8時間前後とされています。

詳しくはダイエット豆知識食べても太らない時間をご覧ください。

ポイント

・食事(栄養)・運動・生活習慣を整えることがダイエットする上での前提である
・カロリーを抑えつつ栄養バランスは気をつける
・食事は朝・昼・晩、必ず3度とる
・無酸素運動(筋トレ)による基礎代謝量をアップを目指す
・生活リズムを整えて1日の代謝を最大限発揮する

ここまででダイエットのポイントを理解されましたでしょうか?

次は実践です。次は30日で痩せる体を作る30歳からのダイエット10ステップガイドでダイエット開始です!(もちろん30歳を超えていなくても有効ですのでお若い方もご覧くださいね)

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。