人気の運動器具&刺激で痩せる【ダイエット器具おすすめランキング】

上記したメリット・デメリットで解説したように、ダイエット器具を利用するときには注意点があります。ポイントは下記の通りです。

ダイエット器具は、目的に応じて利用するのが大切です。全身使う運動をするような場合は短期間で効果が発揮される可能性が高いですが、マッサージや骨盤周りのみの刺激だけとなるとプラスアルファで軽い運動や食事面も意識してダイエットに望まないとなかなか結果に結びつかないでしょう。 

ダイエット器具・グッズ おすすめランキング

ダイエット器具でエクササイズ・運動&脂肪燃焼器具でスリムな体に!

 

ダイエット種別ダイエット器具
EMSと超音波マッサージで血行促進&脂肪燃焼
おすすめ出来る人なかなか痩せない・痩せにくい方
お腹やお尻、ふとももなどのぜい肉・脂肪が気になる方
運動は苦手の方
商品の特徴EMSと超音波マッサージで脂肪を刺激して血行促進
落としにくいぜい肉・セルライトに直接刺激で代謝改善
気になる脂肪を直接マッサージ
1日5分だけで良いので運動が苦手の人でもできる
累計4万個以上販売実績
お風呂でもできるので手軽にマッサージが可能
ダイエット種別ダイエットのための効率的な運動法
おすすめ出来る人しっかり運動して太らない体を作りたい方
リバウンドにお悩みの方
食事だけのダイエットではなかなか痩せない方
商品の特徴プロトレーナーが効率的な運動法をDVDで解説
家でもできるトレーニング、時間が無い方におすすめ
短期間でも十分効果が期待できる運動法
運動でしっかり痩せるので筋肉をつけ体脂肪減も
費用は9,800円ポッキリでお金をかけずにダイエットができる

CUVILADY(クビレディ)

ダイエット種別くびれを作る運動でお腹まわりを中心としたエクササイズ
おすすめ出来る人お腹まわりの脂肪が気になる方
”ながらダイエット”でダイエットに取り組みたい方
手軽に腹筋運動を行ってエクササイズしたい方
商品の特徴1日3分×2回の2週間で結果を出すダイエット器具
お腹まわり中心のエクササイズで腹筋運動を行う
3つの腹筋アプローチにより腹直筋だけでなくインナーマッスル(コアマッスル)や腹斜筋の筋力アップに効果的
自宅のリビングに置いてインテリアにもなるし、気軽にダイエットができる

メリット&おすすめ出来る人

  • 運動が好きな方
  • 食事制限だけでは痩せなかった方・リバウンドした方
  • 痩せたい体の部位がある方

デメリット&注意する点

  • 食事よりも運動は続けるのが困難
  • 食事と運動もある程度気をつけないと効果が薄い

ダイエット器具の利用の考え方

上記したように、ダイエット器具でダイエットに取り組んだとしてもどういったトレーニング・エクササイズをするかによって効果はまちまちです。たとえば、当ページのランキングをご覧いただければと思いますが、ダイエット機器を使ってマッサージをするものから、軽い運動をするもの、本格的なトレーニングをするタイプと分かれてきます。

マッサージをして気になる部位を刺激するというものについてはむくみを解消したり、血流を良くして血行促進、代謝アップという効果が考えられますが、どうしてもそれだけやっても効果は薄い可能性があります。ただし、それに食事や軽めの運動を加えることで飛躍的にダイエット効果が出るようなケースもあるので一概にダメとは思いませんが、それだけやってダイエットをやった気にならないことが大切です。

また同様に一部の部位だけをトレーニングするようなダイエット器具も今人気です。骨盤周りや腹筋運動、足の引き締めに下半身を中心としたトレーニングを行える器具が世の中に多く出てきています。一部ランキングでも取り扱って掲載していますが、マッサージ系の器具と同様にしてそれだけやれば痩せるとは考えないほうが良いです。どうしても体の一部だけを鍛えるようなトレーニングだと消費エネルギーは少ないですし、鍛えた部分の筋力だけ上がっても代謝はそれほど上がってきません。こちらも他の運動を行ったり、食事面にも気をつけて複数のダイエット方法と組み合わせ利用するのが良いと思います。

全身運動を行う運動法としてダイエットDVDも紹介していますが、こちらについては消費エネルギーが多い分、これだけでも続けていればダイエットの効果は出てくると思います。もちろん、食事も気をつけながら一緒にやっていくとそれだけ効果は大きいと思います。

ダイエット器具 注意するポイントまとめ

  • ダイエット器具、運動は鍛える部位によっては消費エネルギーが少ないので短期間のダイエット効果はあまり望めない
  • マッサージ系のダイエット器具を利用しただけでは効果は薄いが食事面も一緒にダイエットに取り組むと効果が発揮される
  • ダイエット器具を利用しただけでダイエットをやった気にならないほうが良い
  • 運動するなら全身を使う運動が効果的

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。